【選んでみた】初音ミクがほんとうにカバーすべき渋谷系の名曲 12選

http://www.fashionsnap.com/news/2012-05-07/hatsunemiku-shibuyakei/ があまりにステレオタイプだったので、いろいろ手広く女性ボーカル曲だけでアルバム1枚分を選んでみました
最終更新日: 2012年5月8日

Love Tambourines - Cherish Our Love

1993年、フリッパーズの2人がソロデビューする直前、このEPがHMV渋谷でバカ売れ。渋谷系というシーンを形づくった1曲

Kahimi Karie - Bonjour Line

渋谷系の歌姫ともいわれるカヒミ。1991年、フリッパーズの解散と前後してリリースされたCrue-Lレコードのコンピ「BLOW UP」より

Chocolat - ブルーでハッピーがいい

フリーテキストアイテム
(追加して編集できます)

Cymbals - 午前8時の脱走計画

フリーテキストアイテム
(追加して編集できます)

CITROBAL-Youth

_

リカ - キス

キミドリのクボタタケシPによるこのシングル1枚のユニット。C/Wがジャックス「この道」のものすごいポップなカバー。さすがのトラック。

lucy van pelt - 空は動かずに

フリーテキストアイテム
(追加して編集できます)

Swinging Popsicle - サテツの塔

フリーテキストアイテム
(追加して編集できます)

bice - Milk Film

メジャーデビュー後の「An apple a day」がポップな名曲だが、ここではインディ時代から。ホントはCruel to be kindのカバーを入れたい。R.I.P.

Cecil - フルスロットル

2000年のネオ渋谷系。ジャケはorange pekoeでも知られるカンバラクニエ。サウンドは元
The Reds(ジュリエット・ゲーム!)の大平太一

ヒックスヴィル - バイバイ・ブルース

Venus Peterや小沢健二のコーラス・ワークで知られる真城めぐみを抜きに渋谷系は語れない。シティポップの名曲。a half of Rotten Hats

金延幸子 - 時にまかせて

日比谷野音の小沢健二デビューフリーコンサートでかけられ、HMV渋谷では小沢の棚に置かれた。そういう聴き方。1972年URC。